本文へスキップ

歴史を知る

金位神社

画像:金位神社


  横手市金井神・上坂部(かないがみ・かみさかべ)地域にある「金位神社」は、農作、酒造り、医療の神としてあがめられている、村の鎮守の神「少彦名(すくなひこな)の神」が祀られている神社です。

 建立された年代は不詳ですが、金井神・上坂部地域に村ができたのは今から約400年前と言われており、また、120年前の明治24年(1891年)の社寺調べに神社の記録が残されているため、その間に建立されたものと考えられています。
 
 金位神社では毎年、旧暦の6月5日に伊勢舞系の神子舞やお湯立て神事などの祭典が行われていましたが、現在は7月第一日曜日に行われています。
お湯立て神事には、五穀豊穣と地元の方々が健やかに過ごせるようにとの願いが込められ、お湯は神子様によって、参列した地域の方々に振り撒かれ、そのご利益をいただきます。その後、直会(なおらい)があり、金位神社の祭典は終わります。
 
 また、金井神・上坂部地区で馬が飼われていた頃には、旧暦の4月17日に金位神社の境内で各家々の馬が並ぶお祭りがあったと記録に残されています。
 
 毎年、元旦に集会場で行われている、「一礼(いちれい)」と呼ばれる集落の話し合いは、かつてはこの神社の社殿で行われていたそうです。まさに地域を支えるよりどころとなっている神社です。
 
 
■参考資料
『大森町史』
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る