本文へスキップ

名物に触れる

三又親水公園ゆったり村

画像:三又親水公園ゆったり村


三又地区の玄関先に位置する「三又親水公園ゆったり村」。まるで表札のように立つこちらのトーテムポールは、「三又建設株式会社」先代社長の「初めて三又に訪れてくれる方々に向けて…」というアイディアで建てられました。公園内には水車小屋が設置され、涼しげな水の音が公園内に響き渡っています。

 毎年お盆の8月14日には「麓友会」が中心となって「渓流祭り」が行われ、会場では帰省してきた子供たちにふるさとの楽しい思い出をつくってもらおうとイワナのつかみ捕りなどのイベントも開催しています。
かつて、石川理紀之助翁が「三又麓友会」に向け説いた、「楽しく暮らせ」という心がしっかりと息づいています。
 
2010年4月掲載

ページ上部へ戻る