本文へスキップ

食を楽しむ

田沢地域の「ゆべし」

画像:田沢地域の「ゆべし」

  仙北市田沢地域では冠婚葬祭時に口取りとして作られてきた「ゆべし」というお菓子があります。見た目は“かまぼこ”のようですが、「ゆべし」は「恵比寿(えびす)」がなまったものとされていて、おひな祭りに恵比寿様をかたどって作ったのが由来とも言われています。

 「ゆべし」は何種類かの味があり、主な材料は、もち粉、砂糖、水ですが、これに地域の特産“田沢ながいも”やごま、きなこ等を加えて作られています。もち粉が入るので食感はモチモチとしていて歯ごたえがあります。

 秋田県内には、この「ゆべし」と似たようなお菓子が各地域にあり、呼び名もそれぞれ異なるようですが、どれも主材料は自家栽培で保存がきくもの。先人達の知恵で作られてきた田沢地域の「ゆべし」は、時代が変わってもなお、節目の行事に作り続けられています。

 
                            令和3(2021)年9月掲載

【関連リンク】産地直送ブログ
元気ムラの「ハレの日」 料理(4)~仙北市田沢地域の「ゆべし」~(2021年9月掲載)

ページ上部へ戻る