本文へスキップ

歴史を知る

伝統ある「しめ縄」づくり

画像:伝統ある「しめ縄」づくり

   にかほ市小砂川地域の八幡神社に飾られる「しめ縄」は、毎年、年末に新しいものが作られます。しめ縄の中央に「昆布」と「焼きぼし(にぼし)」を巻くのが小砂川地域の伝統で、熟練技を持つ地域の方が製作に励みます。そして、新たに完成したしめ縄は、八幡神社に1年間飾られるのです。

令和3(2021)年1月掲載
  
【関連リンク】産地直送ブログ

ページ上部へ戻る