本文へスキップ

食を楽しむ

小豆まんま

画像:小豆まんま

  男鹿市の安全寺地域では、お赤飯のことを「小豆まんま」と言うようです。

 その昔、田植えの初日に田んぼの水口(みなぐち)に「小豆まんま」をお供えし、田んぼの神様に豊作を祈ったと伝えられています。 

 田んぼの手伝いに来てくれた「五月女(さつきめ)」と呼ばれる女性たちには料理が振る舞われるのですが、家で待っている子供たちのために、小豆まんまを朴の葉にくるんで持ち帰った……と言われています。体力勝負の田植えの後、「五月女」たちの頭に浮かんだのは、子供たちの笑顔。「小豆まんま」を食べて喜ぶ子供を見て疲れがとれたのでしょう。

令和2(2020)年8月掲載

  
【関連リンク】産地直送ブログ
男鹿市・安全寺(あんぜんじ)地域で田植え体験が行われました(2016年掲載)

 

ページ上部へ戻る