本文へスキップ

歴史を知る

送り盆行事「ぼんぼん焼き」

画像:送り盆行事「ぼんぼん焼き」

  送り盆の行事は、県内でも地域によって色々ありますが、男鹿中地域の三ツ森集落には「ぼんぼん焼き」という行事があります。

 三ツ森集落の家々の盆棚の両脇には、その年に生えた新しい竹だけが使われる「笹竹」が飾られます。
 8月16日の夕方、集落の方が太鼓を鳴らし始めたら「ぼんぼん焼き」が始まる合図です。盆棚に飾られた笹竹や使わなくなった卒塔婆(そとば)などを住民が持ち寄り、火をつけて橋のたもとで燃やします。この時の煙が先祖を送ると言われています。
 
 「ぼんぼん焼き」が終わると、「だだだこ」の節に合わせて盆踊りが始まり、これで送り盆の行事を締めくくります。送り盆の行事が終わると、住民たちはまた、日常の生活に戻っていくのです。 
令和2(2020)年8月掲載  
  
【関連リンク】産地直送ブログ
  • 男鹿中地域・三ツ森集落の送り盆行事「ぼんぼん焼き」

ページ上部へ戻る