本文へスキップ

歴史を知る

女川の菖蒲たたき行事

画像:女川の菖蒲たたき行事

 男鹿市女川(おんなかわ)地域には、旧暦5月4日、小中学生の男子が家々を練り歩いて邪気払いをする「女川の菖蒲たたき行事」が受け継がれています。平成23(2011)年、男鹿市の無形民俗文化財に指定されました。

 昔から、大人は口出しをせず、子供たちの自主性に任せて行事は行われます。当日の夕方になると、稲わらと菖蒲の葉でできた「たたき棒」を持った男の子たちが地蔵院に集まり、練り歩きに出発します。

 男の子たちが家々の玄関先で、「若い菖蒲いいですか」「菖蒲たたきやってもいいですか」と声をかけ、住民から了承を得ると、「5月4日の若い菖蒲、ダレッチャ アタッテモ トンガラシ(ドンガナシ)」と歌い、「たたき棒」で地面を叩きながら「それ1つ、2つ、3つ……9つ、10!」「おまけにひとつ!」と歌い、計11回、地面を叩きます。

 菖蒲たたきはの歌は「菖蒲たたきは誰に当たっても咎めなし」という意味で、「咎めなし」が訛って「ドンガナシ」に、子供が歌いやすいように「トンガラシ」になったとも考えられており、時代とともに、歌詞は少しずつ変化してきました。
 
 たたき棒を地面に叩きつけることで、その家の邪気や厄を払うとともに、縁起を呼び込むと考えられています。行事が終了した後、住民からもらったご祝儀を、子供たちだけで分配するのも、行事の楽しみのひとつとなっています。


2020年3月掲載

【関連リンク】男鹿市役所ホームページ
→女川の菖蒲たたき行事

【産地直送ブログ】元気ムラ応援サイト
男鹿市女川地域の「菖蒲たたき」♪(2019年6月掲載)
 

 

 

ページ上部へ戻る