本文へスキップ

名物に触れる

岨谷峡

画像:岨谷峡

 岨谷峡は、太平山県立自然公園内、岩見川上流域にある渓谷で、紅葉の名所としてよく知られています。約300mにわたって続く絶壁と渓流、そして緑濃い木々が織りなす渓流美は、新緑から紅葉のシーズンにわたって訪れる者を癒してくれます。

 春から秋にかけてはハイキングや渓流釣りを楽しむ人たちで賑わいます。特に秋は紅葉が美しく、また秋田市中心部から車で30~40分とアクセスが便利でもあることから人気の観光スポットとなっています。

 昭和27年(1952)選定の観光秋田三十景の中にも選ばれ、また文化8年(1811)には菅江真澄がここを訪れて、日記「勝手能雄弓」の中に岨谷峡の絵図を残しています。

 岨谷峡への行き方は、県道28号線を鵜養方面へ進むと「河辺へそ公園」の手前にある無料駐車場が見えてきます。

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る