本文へスキップ

名物に触れる

水芭蕉群落

画像:水芭蕉群落

 春の風物詩「ミズバショウ」の群生地と言えば、仙北市田沢湖の刺巻湿原が有名ですが、秋田市の鵜養(うやしない)地域にも「ミズバショウ」の群生地があります。

 鵜養地域の入口の「塚の台遺跡」手前にある湿地帯を訪れると、集落の皆さんイチオシの風景が姿を現します。4月~5月にかけて白く可憐な姿を水面に反射させ、集落を明るく彩ります。場所は河辺へそ公園から鵜養集落に向かう途中の道路脇(鵜養地域イラストマップ)にあります。※自然の群生地のため、散策道や駐車場はありません。見たい方は長靴の準備を忘れずに。

平成23(2011)年4月掲載
【関連リンク】産地直送ブログ

ページ上部へ戻る