本文へスキップ

食を楽しむ

田の源そばと収穫祭

画像:田の源そばと収穫祭

 

 能代市・梅内地域の田ノ沢集落と源助田集落の2集落でつくる田ノ沢町内会では、減反政策のためそばの栽培が始められ、現在、「田の源そば生産組合」の20人によりそば栽培が行われています。
そばを栽培したことをきっかけに、大館市のそばの栽培者を講師に招き、そば打ちの方法を教わりました。打ち方を教わった住民が年越しそばを自分用に打ったところ出来栄えが良く、「せっかくだからみんなで食べよう」と平成12年(2000年)に農林水産省の中山間地域等直接支払制度を活用して田ノ沢町内会で収穫祭を開き、参加者でそばを打ち、みんなで味わいました。その美味しさは田ノ沢町内会のモチベーション向上へと繋がり、「田ノ沢と源助田のそばだから、田の源そばだな」と声が上がり、「田の源そば」と名前も付けられました。
収穫祭は平成28年(2016年)で16回目を迎え、毎年12月第3日曜日に開催しています。参加者の中には10年間続けてそば打ちに参加している方もおり、お父さんたちが打つコシの強いそばとお母さんたち特製のつゆが良く合い、絶妙な美味しさです。
田の源そばは「道の駅ふたつい」にそば粉やむき実が販売されているほか、各種イベントの出店で味わうことが出来ます。
白神山地と隣り合った場所に位置する梅内地域で、田の源そばは収穫祭の日を待ちながら今年も美味しく育つことでしょう。
 
2017年3月31日掲載

ページ上部へ戻る