本文へスキップ

歴史を知る

岩子小学校の歴史

画像:岩子小学校の歴史

-地域と子供たちを繋いだ「小さな大学校」- 

 昭和63(1988)年に新築された岩子小学校の白い校舎の壁面には、水沢川で川遊びを楽しむ人々が描かれた「岩子の詩」というタイルの大壁画があり、他にも星型の体育館、風見鶏タワーなど、斬新なデザインが目を見張ります。入口に佇む2本のメタセコイアに見守られ、子供たちは学び舎を巣立っていきました。
 
 岩子小学校は明治10年(1877年)、地域の人々が寄付金を募って校舎を建築し、岩子東岱学校として児童40人でスタートしました。その後、水沢小学校の分校や岩子尋常小学校などの変遷を経て、昭和30年(1955年)に峰浜村立岩子小学校になります。
 
 「小さな大学校」というキャッチコピーをつけたのは、29代校長を務めた太田實さんです。「児童数は少なくても立派な学校にしよう」というキャッチコピーは、住民の口癖になるほど岩子小学校の代名詞となりました。
 
 学校行事の「ホタルフェスティバル」や、昭和47(1972)年に始まった住民参加の運動会など、地域と一体となり歴史を紡いできた岩子小学校は、平成19(2007)年に閉校しましたが、現在は社会福祉法人によって校舎が活用されています。
 
平成24(2012)年5月掲載
令和2(2020)年12月更新

ページ上部へ戻る

山本の関連情報