画像:岩子盆踊りと絵灯篭

  8月のお盆、八峰町の岩子集落では各家々の門前に手作りの絵灯篭を灯します。絵柄はアニメのキャラクターから浮世絵風の美人図と様々です。

 絵灯篭のサイズは、大きいものでは大人の背丈ほどの高さがあり、岩子集落の婦人会が「地域を明るく照らしたい」との思いから始めました。夜になると岩子生活改善センター前に設置されたイルミネーションの前で女性たちが盆踊りを始めます。先祖の精霊が戻ってくるお盆の夜に、地域を明るく照らす岩子の行事です。

平成24(2012)年5月掲載

こちらの記事もおすすめです

岩子のもつ煮

  八峰町の岩子集落の「おふくろの味」といえば「もつ煮」です。旧峰浜村時代に行っていた「ホタルフェスティバル」や、「道の駅みねはま」でのイベントなどで、岩子集落の女性たちは、ほっかほっかの「もつ煮」を大きな鍋で作...

郷土料理

水沢ダム(峰水湖)

  水沢ダムは、秋田県の県営土地改良事業によって造られた「防災・かんがいダム」です。この種類のダムの中では、秋田県内一の規模を誇ります。   水沢ダムを潤す水沢川は、八峰町と藤里町にまたがる3つの山を源に発していま...

自然・施設

ビューポイント

鹿島流しと作酒(さくじゃけ)

 八峰町峰浜の岩子集落と大久保岱集落では、田植えが終わる6月初旬、長さ2mほどの木造りの船に数体の「鹿島人形」を積み込んで川に流す「鹿島流し」を行っています。  疫病を送り流すのが目的と考えられ、稲藁の人形を服や帽...

伝統行事・イベント

伝統行事