本文へスキップ

名物に触れる

房住山

画像:房住山

 

房住山は標高409.2m、古くから三種町上岩川地域のシンボルとして、修験者、登山者に親しまれてきました。頂上からは、東方に森吉山と奥羽山脈、西方には大潟村の広大な水田と、日本海を背景に男鹿半島を展望できます。周辺には、絵巻物から抜け出したような景観を持つ三種川源流部の「扇滝」という名所もあります。さらに町営のコテージ村や、休憩施設「ぼうじゅ館」などがあり家族連れでのんびりと楽しむことができます。
トレッキングコースは豊かなブナ林になっており、ブナに混じってそびえ立つ樹齢200年を超える天然秋田杉が圧倒的な存在感を示しています。また、尾根伝いに続く登山道に沿って点在する「三十三観音」の優しい表情に魅せられ、何度も登山する方もいるそうです。
毎年、春と秋には房住山登山のイベントが行われています。初心者でも比較的登りやすい山ですが、ブナなど植生が豊かで、深山の雰囲気を楽しめることから、多くの登山者で賑わいます。
2010年4月掲載

ページ上部へ戻る