大仙市半道寺地域の拠点施設「半道寺三世代交流会館」から聞こえる賑やかな笑い声。「半道寺を元気にしたい」という思いから開催された「半道寺ふるさと祭り」は、平成25(2013)年に、総務省と大仙市の支援を受けた「半道寺地域づくり・人づくり・未来づくり事業」の一環で半道寺自治会の主催で始まりました。毎年10月から11月頃に開催されています。

   ふるさと祭りは、ゲストのパフォーマンスや、半道寺地域の芸達者な皆さんによる踊りや歌などを楽しむ笑いが絶えないお祭りです。祭りに参加した人が「久しぶり!」と声をかけ合う姿も見られ、住民同士の繋がりづくりの場となりました。
   コロナ禍での中断を挟みましたが、j住民たちが交流できる貴重な地域の恒例行事となっています。

平成27(2015)年3月掲載
令和3(2021)年3月更新
令和6(2024)年1月更新


こちらの記事もおすすめです

逆川地蔵尊(袖引き地蔵)

 大仙市半道寺地域を流れる心像川(こころやりがわ)に架かる「寺ノ下橋」の両側には、2つのお堂があり、それぞれにお地蔵様が祀られ、お堂の内部には宝泉寺の住職によって由来が記されています。    由来書きよると、お堂の...

歴史

史跡

甘酒さん子と申松塚

 戦国時代、織田信長や豊臣秀吉などの有力大名が天下を統一しようとしていた頃、大仙市の半道寺地域は、角館を中心に勢力を持っていた戸沢氏の支配下にありました。    戸沢家18代当主の戸沢盛安は「鬼九郎」と呼ばれ、領内...

歴史

史跡

半道寺自治会の取組

 三世代交流会館を拠点とした交流の場づくり  大仙市の半道寺自治会は、9集落の住民からなる認可地縁団体で、平成25(2013)年に総務省と大仙市の支援を受け、「半道寺地域づくり・人づくり・未来づくり事業」に取り組みまし...

地域活動

地域団体