-小野寺氏を偲ぶ地域の想い-
 元城獅子舞は、元城神明社に奉納され、地域の家々を回る獅子舞です。獅子舞に使われる獅子の衣には「五つ木瓜(いつつもっこう)」の紋があり、西馬音内小野寺氏の紋であることから、小野寺氏とのかかわりが感じられます。

 

 元城獅子舞は、元城神明社祭典での奉納後、旧盆の8月14日から16日まで、各家庭を回り家内安全、悪病退散、豊作を祈願していました。
しかし、昭和30年代に入り、後継者の不足から獅子舞は一時途絶えてしまいます。
昭和48(1973)年、堀回地域が、県のコミュニティモデル地区に選定されたのを契機に、郷土の民俗芸能や伝統文化の保存・継承を進めることとなり、その先陣を切って昭和49(1974)年、元城獅子舞の保存会が結成されます。
それ以来、堀回地域をあげての支援のもと、小学生を含む後継者への伝習を心掛け、獅子舞の継承を続けてきました。平成14(2002)年には町指定無形民俗文化財第一号に指定されたのです。
「神前の舞」にはじまり、「獅子舞」「信夫(しのぶ)」「鳥舞」「御上使(ごじょうし)」の5演目で構成される神楽「元城獅子舞」ですが、「御上使」は現在伝承されていません。
                                                              

8月14日、獅子舞が終わると、統合センター前広場にかがり火をたき(雨天の場合は体育館で)元城盆踊りが行われます。盆踊りは、西馬音内城主であった西馬音内小野寺氏、その家臣や親族たちの悲しい運命を偲び、慰霊のために始まったと言われます。踊りの振り付けは、元城盆踊り独自のものですが、お囃子は8月16日に行われる西馬音内盆踊りと共通です。元城盆踊りは盆踊り保存会が毎月2回の練習を欠かさずに行っています。

平成22(2010)年8月掲載
令和4(2022)年12月更新

■参考文献
『元西の地域誌』

こちらの記事もおすすめです

元城門松かまくら展

 羽後町の堀回地域で行われている「元城(もとき)門松かまくら展」は、地域の小正月行事をテーマにしたお祭りで、2011年で34年目を迎えました。地域で伝わるさまざまな小正月行事やかまくら遊びなどを再現することにより、伝...

伝統行事・イベント

小正月行事

御嶽神社と石馬っ子

 羽後町の七曲峠の登り口に向かって左側、川沿いの小道に入ると、木立に囲まれた御嶽(みたけ)神社が見えてきます。最初に見えてくるのが、小さな建物と山門。山門には、二体の馬の石像が安置されています。 色とりどりの布...

歴史

史跡

堀回地域の歴史

-小野寺氏を偲び、慕う-  堀回を含む元西地域は、「元西馬音内」という古名から「元西」と呼ばれています。その名のとおり、もともとはこのあたりが「西馬音内」の中心でした。 地域現在の元西小学校の敷地と背後の山には...

地域活動

地域団体