古くから、秋田県内各地では、疫病などの悪いものが地域に入らないよう、道祖神(鹿島様、鍾馗様、ニンギョ様などと呼ばれる)を設置する集落が見られますが、その形や大きさは地域によって様々です。
 横手市狙半内(さるはんない)地域の上畑集落の鹿島様は、大きな石に注連縄をとりつけたものです。田植えが終わり、農作業が一段落した頃、住民の男性たちにより、鹿島様の注連縄を交換する作業が行われます。
 上畑集落の鹿島様は「女性しか拝めない」というのが特徴で、その理由はわかっていません。昔からの風習だと言われています。お盆のお墓参りの頃になると、女性たちのみが鹿島様を拝む光景を見ることができます。
平成24(2012)年5月掲載
令和4(2022)年12月更新

こちらの記事もおすすめです

滝ノ下の滝

   横手市の滝ノ下集落の細い道を奥に進んでいくと、道路左側に「林道狙半内(さるはんない)上沼線」の標柱が見えてきます。  そこから更に車で2~3分ほど進むと、道路右側に赤い鳥居の神社が見えてきます。この神社から狙半...

自然・施設

雄滝と雌滝

 横手市上畑(かみはた)集落にある古家沢の上流には、木造りの遊歩道が整備されており、新緑や紅葉の季節の散策には特におすすめのコースとなっています。  上畑温泉さわらびの側にある案内板が遊歩道のスタート地点となっ...

自然・施設

小豆のお菓子「滝ノ下でっち」

 「滝ノ下でっち」とは、秋田の県南部で代表的なおやつとして有名な「あずきでっち」の滝ノ下集落(横手市)バージョンです。昔から食べられている滝ノ下集落の郷土料理です。  材料は、あずきでっちと同じで、小豆、もち米...

米菓子・餅