画像:朴(ほお)の葉まま

 みどり鮮やかな朴(ほお)の葉を開くと、黄金色のきな粉をまぶしたご飯が姿を表します。

朴の葉で包んだ「まんま(ごはん)」が名の由来のこの郷土料理は、5月下旬から6月にかけて田植えの時期に食されてきました。皐月(5月)によく食べるということで「さつきまま」と呼ぶ人もいます。
大きな朴の葉は、今でいうラップや海苔の役目を果たしたのでしょう。朴の葉の上品な香りが食欲をそそり、手元も見栄えもよく、米どころ秋田の農村文化が生み出した郷土料理と言えます。
堀回地域では、塩昆布や筋子を混ぜたおにぎりにきな粉をまぶす家庭が多いそうです。甘さと塩味が絶妙に絡み合うおにぎりの食感は、県南・堀回ならではの味といえます。

平成22(2010)年8月掲載

こちらの記事もおすすめです

堀回地区コミュニティ推進委員会の活動

  堀回地区コミュニティ推進委員会は昭和49(1974)年、羽後町堀回地域の12の集落で発足しました。秋田県のモデルコミュニティ地区に指定されたことからその活動をスタートし、地域のまとめ役としての役割を現在も果たしてい...

地域活動

地域団体

いものこ団子

 里芋のことを秋田の人々は「いものこ」と呼びます。 とろりとして粘り気があり、味わいも深い里芋は、冬の鍋料理に持ってこいの食材。秋田では親芋(種イモ)の横に出る芽を「子」、さらにその横から出る芽を「孫」と呼びま...

郷土料理

西馬音内(にしもない)城址

-今も堀回を見守る、地域のシンボル-  元西小学校の入り口に、「小野寺家大手門址」の文字が刻まれた石碑が置かれています。ここが、堀回地域のシンボルでもある「西馬音内城」の大手門、つまり正面入り口にあたります。西...

歴史

史跡