湯沢市横堀地域の最南端に位置する寺沢公園には、昭和43年(1968年)、地元住民により建立された隠れキリシタン殉教慰霊碑があります。

 江戸時代の初めは、各地でキリシタン信徒が弾圧された時代で、秋田藩でも寛永元年(1624年)6月20日、秋田市の久保田城外で寺沢集落のキリシタン信徒15人が処刑されました。

 慰霊碑の側には安政6年(1859年)に建立された石造の観音像があり、処刑された信徒を悼むように北(秋田市)を向いていることから「北向き観音像」と呼ばれ、今も寺沢公園の一角にお堂が建てられ、大事に保存されています。

平成29(2017)年3月掲載 
■参考文献
『秋田県の歴史散歩』
『湯沢市ジオパークパンフレット小野・横堀』

こちらの記事もおすすめです

寺沢の桜並木(役内川堤防)

 湯沢市横堀地域を通る国道108号(仙秋サンライン)の西側には沿うように役内川が流れ、道路沿い約3.3kmに渡りソメイヨシノが植えられています。4月下旬~5月上旬の開花時期になると、見事な桜の街道となって行き交う人々の目を...

自然・施設

ビューポイント

熊野神社の磨崖碑(まがいひ)

 湯沢市横堀地域の熊野神社境内に磨崖碑があります。磨崖とは崖の岩などの表面を整えて、仏像や仏を表す文字が掘られた石造物です。古代から近世にかけて死者の追善や生者の死後の逆修供養(ぎゃくしゅくよう)を目的に造られま...

歴史

史跡

横堀の板碑群

 湯沢市横堀地域の赤塚集落から寺沢集落に至る旧道には、奈良時代以降に整備された「官道」が通っていました。官道は当時の国が整備した主要道路で、『続日本記』には「天平宝字3年(759年)に横河(横堀)に駅家(うまや)を設...

歴史

史跡