画像:鳥海山麓の埋もれ木

 約2,600年前、鳥海山は大噴火によって山体崩壊を起こしました。その際、鳥海山に自生していたスギなどの巨木がなぎ倒され、その後、火山灰などが雨で流れ出した泥流によって土中深くに埋没しました。そして現在、冬師・釜ヶ台地域一帯には、こうした巨木の幹が、「埋もれ木」として眠っています。

 冬師・釜ケ台地域の「埋もれ木」は、高級木材として知られています。

 現代であれば天然記念物に指定され、伐採することを禁止されるような樹齢1000~1500年の巨木が、土の中で当時の姿を残したまま眠っています。

 これらの希少な木材を利用して作られた木工品が高級品であるのも頷けます。旧釜ケ台小学校を訪れると、直径3mに及ぶ埋もれ木を輪切りにしたものが保管されており、古代、鳥海山麓一帯に広がっていた巨木たちの魁偉な姿が想像されます。

 

平成23(2011)年4月掲載


■参考資料
『現地説明看板』
『仁賀保町史』

 

こちらの記事もおすすめです

アンコウのとも和え

   鳥海山麓に位置するにかほ市・冬師集落には、昔から行商が海の幸を運んできました。集落の側にある仁賀保高原を越えると日本海に通じるこの立地条件が、山村でありながら魚介類が手に入りやすい環境に一役かっていたようで...

郷土料理

冬師番楽

-本海流番楽の流れをくむ伝統の舞い!-  8月14日、夏の熱気真っ只中に冬師番楽は行われます。夕方7時頃になると、にかほ市・冬師集落の集落会館へ続々と観客が訪れます。その間、外に出されたスピーカーからは賑やかに...

地域活動

地域団体

釜ケ台番楽

    釜ケ台番楽の始まりは、今から約400年前に京都の修験僧「本海行人」が伝えたとされています。鳥海地区を中心に広がる「本海流番楽」の流れをくみ、冬師(とうし)、伊勢居地(いせいじ)などの番楽と共通点が見られます。    舞は神...

伝統行事・イベント

郷土芸能