画像:年中行事「星祭り」

 鳥海山の東部山麓、標高250mに位置する由利本荘市中直根(なかひたね)地域。高原のため空に近く、夜空に輝く星々がひときわ煌(きら)めきます。

「鳥海町史」によると直根地域では年に4回も星祭りを行ったと言います。星祭りとは、年男が水を浴びて身を清め、囲炉裏の火を新しく焚きなおし、さらに屋外に祭壇を設け、月には4個、星々には12個のお餅をそれぞれお膳に乗せて供えます。その後、年男が拍手を打ち、家族全員でお神酒を頂く年中行事です。

現在、この星祭りの行事は以前に比べると簡素化されていますが、この年中行事から地域の人々の星々に対する思いはしっかりと伝えられています。直根小学校の課外授業にもなっている美しさを秘めたこの地域ならではの星空。直根に来た時には是非とも夜空を見上げてみてください。

平成22(2010)年4月掲載

こちらの記事もおすすめです

鳶茸茶(とびだけちゃ)

 一般的になじみの薄い「鳶舞茸(トンビマイタケ)」は、ブナの立ち枯れ木の根元に生えるキノコの一種で、秋田県内では夏に生えるキノコとして知られています。由利本荘市中直根(なかひたね)地域では「鳶舞(とびだけ)」と...

買う

その他

ピザハウス「菜五味(なごみ)」

  由利本荘市中直根(なかひたね)地域の直根環境改善センターの前に、平成23(2011)年、立派な石窯が完成しました。由利本荘市西目町の講演会で出された「石窯ピザで地域を盛り上げよう!」というアイディアを基に中直根で制...

地域活動

世代間交流

中直根の歴史

  新天地を求めて北に向かう人々は、鳥海山の青さに魅せられ、引き寄せられるのでしょうか。秀峰の歴史は、各地からの来訪者・修験者たちによって彩られています。往来のドラマが、大自然を舞台に繰り広げられてきました。  中直...

歴史

地域の歴史