鹿角市白欠地域のピザ焼き体験では、ピザの生地づくりからトッピング作業まで楽しむことができます。

 ピザのレシピは地域の女性たちが考えたオリジナルのもの。中でもユニークなのが「淡雪こまち」のお米を使ったピザ生地です。秋田県鹿角市近辺で栽培されている品種「淡雪こまち」は、うるち米(一般のお米)と、もち米の中間の性質を持ち、もちもちでふっくらとした柔らかい食感になるのが特徴です。

 白欠では淡雪こまちのご飯に、薄力粉、長芋、ベーキングパウダーを混ぜ合わせてピザ生地にして使用します。ご飯の食感を活かすために「こねすぎない」のがコツで、あとはトマト、玉葱、パプリカなどの野菜類や、キノコ、シーチキン、バジル、チーズなどお好みでトッピングすればできあがり。普通の生地よりも、もちもちした食感が好評で、白欠地域のピザの名物にもなっています。

平成28(2016)年3月掲載
【関連リンク】元気ムラ応援サイト
ほっとハウスのピザ焼き体験

こちらの記事もおすすめです

村の鎮守「出羽神社」

 白欠集会所から白欠生産組合センターへ続く一本道を進むと、左手に立派な白い鳥居が見えてきます。約60年前に白欠自治会で建てた鎮守・出羽神社で毎年4月19日に祭礼を行っています。出羽神社は小高い丘の上にあり地元の皆さんは子供...

歴史

神社・寺

炭焼き窯の炭づくり

 鹿角市白欠地域の南西の山中に、白欠地域の炭焼き窯があります。炭焼きは木材から「炭」を作る作業で、秋田県内の各地で農家の副業として盛んに行われてきましたが、現在は炭焼きを行う地域も少なくなってきました。  白欠自治...

地域活動

世代間交流

そば畑のビューポイント

 八幡平の麓に位置する白欠地域からは、雄大な八幡平の山々を正面から見渡すことができます。田植えが終わった初夏のシーズンは青々とした田んぼと八幡平の景色が見所の一つです。  また、白欠地域の南西の山中にある炭焼き小屋...

自然・施設

ビューポイント