画像:赤ずし

 秋田県北部に伝わる「赤ずし」は、お盆に仏壇やお墓のお供えとして作られてきました。ちょうど、赤しそが収穫できる時期とも重なり、「ご飯の漬物」とも呼ばれお盆の食卓には欠かせない一品でした。

 材料と作り方はいたってシンプルです。まず、赤しそを洗って塩を入れて揉み、さらに三杯酢を入れて揉んでいくと汁が出ます。次に保存容器に揉んだ赤しそを汁ごと入れ、あらかじめ炊いていた餅米を人肌に冷まし、ご飯と赤しそを交互に重ねて入れていきます。最後に重石をして三日間寝かせ、軽く発酵させたら食べ頃です。

 近年は作る方が少なくなっていますが、先人たちが生み出した大切な伝統料理の赤ずし。能代市上町地域では、定期的に郷土料理教室を開催して、赤ずしなどの郷土食を継承していこうと活動しています。
令和3(2021)年8月掲載

■参考文献
建設省東北地方建設局森吉山ダム工事事務所/編『阿仁川流域の郷土料理』

【関連リンク】産地直送ブログ
能代市上町地域の“シゲちゃんの料理教室”で「赤ずし」づくり♪ (2021年8月掲載)

 


 

こちらの記事もおすすめです

「すみれ会」の活動

  能代市上町地域の「すみれ会」は、上町自治会の女性部として、平成14(2002)年から活動を始めました。きっかけは、市内33ケ所にある観音堂の札打ちの継承でした。以来、地域の活性化を目指して様々な活動を行っています。  ...

地域活動

地域団体

さくら庭の桜並木

 能代市上町地域に所在する、能代市役所の敷地には、「さくら庭」と呼ばれる桜の名所があります。  かつて、桜の名所であった「旧渟城(ていじょう)第二小学校」に植えられていた桜が市民の要望でその場に残され、その桜を...

自然・施設

花・樹木

能代ときめ木マルシェ

  能代市上町地域では、平成30(2018)年から、“人と人とがつながる”をコンセプトに、毎月(6月~11月)第3日曜日に「ときめ木マルシェ」を開催しています。能代市上町のコミュニティカフェ「夢工房・咲く咲く」前から能代郵便局ま...

伝統行事・イベント

イベント