慶長9年(1604年)、江戸幕府は江戸日本橋を起点に「五街道」と呼ぶ5つの陸上交通路を東海、北陸、東山に整備し、「一里塚」と呼ばれる道標の「塚」を一里(約4km)ごとに築きました。鶴形地域には、青森~秋田~山形を通り、福島の「奥州街道」と合流して江戸に通じる「羽州街道」が通っており、当時の羽州街道の名残ともいえる「鴨巣一里塚」が今も残されています。

 鴨巣一里塚は、鶴形地域の中心部から南西の「上ノ山」山中にあります。能代市街地から大館市方面へ国道7号を進むと、国道左側に「上ノ山」が見え、「鴨巣一里塚」と書かれた看板が道路沿いに設置されています。この山中を通る1本道を進むと左側に「交通神社」の赤い鳥居が見え、さらに進むと、道路両脇に土が盛り上げられ、数本ずつ松が植えられた2つの塚「鴨巣一里塚」を見ることができます。
 
 秋田県内の羽州街道の一里塚は、道路の改修などによりほとんど消滅してしまいましたが、「鴨巣一里塚」は道路の両側に当時の原型をとどめている貴重な塚で、県指定史跡にも指定されています。
平成26(2014)年5月掲載
 
■参考文献
『わたしたちの鶴形』(編集:鶴形小中学校教育研究グループ)
『現地説明看板』(設置:能代市教育委員会)

こちらの記事もおすすめです

鶴形金比羅宮

秋田30景「鶴形金比羅宮」   能代市鶴形地域にある金比羅宮は、小規模ながらも見応えのある建物で、秋田三十景に登録されています。地域の中心地から南東にある山中にあり、神社入口前にある池には鮮やかな赤い欄干が架かってい...

歴史

神社・寺

農家民宿 おしゃべりroom Watanabe

 農家民宿「おしゃべりroom Watanabe」は、能代市鶴形地域の高台、釣潟神社から3軒隣に位置します。淡い青緑色が目印で、建物の2階からは米代川の眺望と一緒に、天候に恵まれれば白神山地の山々も見ることができます。    オー...

自然・施設

体験施設

人形道祖神「鍾馗様」

地域の守り神「鍾馗(しょうき)様」  鍾馗様は中国では「厄除け」の神様と言われており、能代市鶴形地域では「守り神」として集落の境目6カ所に祀られています。集落に悪いものが入らないように願う「道祖神」の意味合いを持ち、...

伝統行事・イベント

道祖神