画像:雷皇神社

 北秋田市の前山地域の鎮守、雷皇(らいこう)神社は、雷山(かめやま)の麓に祀られていましたが、140年ほど前の天保年間に山の上に移されました。京都府にある賀茂神社の別雷(わけいかずち)神社からうけた御札を御神体としています。

 毎年、春先に例大祭を行います。各町内や婦人会などの代表が集まると、神事が始まります。「子供御輿に御霊(みたま)を移す」の祝詞(のりと)が読み上げられ、子供が健やかに成長することを願い、通学の安全、学業成就を祈願します。
午後からは地域内を子供神輿が、「わっしょい」の元気な掛け声で地域を練り歩きます。道にはお父さん、お母さんの姿があり、子どもたちの安全を見守っています。こうして、子ども神輿は地域にさらなる元気をもたらしています。

令和3(2021)年1月掲載

こちらの記事もおすすめです

岩清水「竜泉(りゅうせん)」

  明治天皇立寄りの岩清水 北秋田市前山地域に入って間もなく、屋根のかかった泉があります。前山地域には良質の湧き水が3ヵ所に点在し、中でもこの「竜泉」は格別で、昔は水桶をてんびんで担いで汲みに来たということです。 ...

自然・施設

湧き水

おから入り干し餅

    減反から生まれたアイディアの干し餅  寒さが肌に刺さるような冬になると、雪国の家々の軒下には色鮮やかな干し餅が吊され、真っ白な雪景色を彩ります。干し餅は寒風に晒して乾燥させた保存食として知られています。   北秋...

米菓子・餅

七座(ななくら)地区「親睦交流体育祭」

  北秋田市の七座地区は、前山、今泉、黒沢の三つの集落からなる地区で、昭和30年頃から「さなぶり運動会」として、運動会を開催しています。七座小学校が火事で焼失したときは運動会の存続が危ぶまれましたが、何とか続けたい...

地域活動

世代間交流