本文へスキップ

語りを聞く

清流の会 会長(平成21年度) 金澤幸則さん

画像:清流の会 会長(平成21年度) 金澤幸則さん

-世代と世代を結ぶ橋渡し役-

 「勝巳さん、あれいつのことだっけ?」「7月28日!」「よく出てくるなぁ~」。
事務局長の石川勝巳さんと語らうのは、清流の会で2代目会長を務める金澤幸則さん。教育福祉活動センター(旧杉沢小中学校)で会合を開く清流の会には、いつもアットホームな雰囲気が漂います。
 
 金澤さんは大仙市出身の48歳。結婚を機に馬場目杉沢に移り住みました。先代から会長職を引き継いだ当時を「みんなにいじめられて会長になったんですよ~」と冗談を交えながら話してくれました。
 
 清流の会が掲げる地域活性化のテーマの一つが『次世代のために何を残し、何をすべきか』。「じいさんたちの想いをしっかり受け取り、具体的なカタチにして次の世代に残す…その橋渡し役が私の役目ですね」と語る金澤さん、「そういう微妙な年齢なんですよ(笑)」とユーモアを交えることを忘れません。
 
 みんなと活動している時が一番手ごたえを感じるという。「何かしようとすると、必ずみんなが集まってくれます。年はとっても地域を想う気持ちをみんなが持っているんです」。清流の会事務局をはじめ、五城目町がバックアップを積極的に行ってくれる馬場目杉沢地域。今、地域に一番重要なことは『実行』することだという。「恋地ときめき農園での試験栽培とおやきの特産品化を成功させ、地域の収益につなげる実行力が必要なんです」
 
 2つの高齢化集落を抱える馬場目杉沢地区。昭和36年には439人いた馬場目杉沢の人口は現在94人…冷酷な時間との戦いを強いられています。あせりがないわけではありません。「でも、昔と今では状況が違います。少子化で人口が減るのは食い止められなくとも、世帯数が減るのは食い止めたい。それが私達の課題です」
 
 「地域に根ざして、一生懸命頑張りたいんですよ」
あせらずどっしり構えて根を張る姿…どこかネコバリ岩を思い起こさせませんか?
地域の人々の想いをくみ取る、頼りがいのある48歳です。
2010年4月掲載

ページ上部へ戻る