本文へスキップ

風土を楽しむ

中野七夕

画像:中野七夕

 

8月13日の夕暮時、色とりどりの絵が描かれた灯篭の灯りが、ゆっくりと中野の夜空を彩り始めます。これは、戦国時代から続くと言われる大館市・中野集落の伝統行事「中野七夕」の一場面。無病息災、五穀豊穣を祈り、先祖を供養する迎え盆行事として中野七夕は、中野集落に伝えられてきました。
 
中野七夕は戦国時代、比内一帯を治めていた浅利勝頼が中野城を築いた16世紀後半ごろから始まったと言われています。絵灯篭が飾られた竿を持った人々は、太鼓の音を打ち鳴らしながら、集落内を練り歩きます。昭和10年代に途絶えた中野七夕ですが、地元の若者たちにより昭和52年に復活、その後、現在の中野七夕保存会が活動を継承し、現在まで伝えられてきました。
 
秋田市の竿灯と似た外観が特徴の中野七夕ですが、提灯ではなく灯篭を使用しています。四角い木枠で型どった絵灯篭は全国的にも珍しく、地域の人々が描いた、さまざまな絵柄が灯篭に描かれています。「町内安全」「火の用心」「家内安全」といった願い事の他にも、地元、中野産業の特産品「十和田石」の文字も描かれています。2010年には、中野自治会が中野七夕用の絵灯篭講座を開き、2月の高齢者センターまつりでコンテストも行われました。中野七夕は地域の人々の協力のもと続けられています。
 
中野七夕のもう一つの特徴が、太鼓をたたく時に使う、しなりの効いた長いバチです。
曲線を描くようなバチで、太鼓の音を奏でると、賑やかな音に惹かれた人々が、中野のメインストリートに集まってきます。そして夜空に浮かび上がる絵灯篭を頼りに、故郷に戻ってくる先祖の魂。自分達も行ってきた中野七夕が今年も行われている……そんな姿を見れば、祖先たちも、きっと喜んでいるに違いありません。
2011年4月掲載

ページ上部へ戻る