本文へスキップ

歴史を知る

越山の歴史

画像:越山の歴史

 越山地域は、岩瀬川上流にある蛭沢、田茂ノ木、越山、羽立、長谷地、大石渡の6つの集落からなります。

 『田代町史』によると、かつては蛭沢を除く5集落が古くから「越山五ヶ部」と称して、祭典などを一緒に行っていたそうです。

 江戸時代には、田代岩瀬地域の中心部より多い、47軒の家があったと記録に残っています。

 蛭沢から越山へは、川の西岸から山越えを強いられてきましたが、明治の末に森林軌道と新道が通じ、集落同士のつながりが深まりました。

 中世には越山館が作られたと記録されており、この館の主は「越山越後」または「越山作内」と伝えられています。

 越山地域は、古くからの津軽地方との交流があり、津軽藩主の弟が石の塔を通り、藩境を越えて秋田へ来た話も残ります。

 その後も、県境の大鰐町と越山地域は石の塔を通じて深いつながりを持ち、今でも「五色湖まつり」には、大鰐町から「大鰐登山囃子」の方々が参加し、演奏を披露します。また越山地域のみなさんも、大鰐町で行われる「万国ホラ吹大会」に毎年のように参加しており、「ホラ吹き仙人」の称号を持つ方もいます。

 また、越山地域は、さまざまな由来を持つ家々があります。

 『田代山丸田神社由来記』には、津軽碇ヶ関村の猟師彦之丞が田代岳で白衣白髯の老人に出会い、以来この神様を信じ、越山に移住したと伝わります。

 その子孫たちの一族は今も碇ヶ関の一字「関」を名乗り、越山に住んでいます。

 また、蛭沢地域の「笹木(ささき)」という名字は、元は「佐々木」でした。彼らは近江源氏と伝わり、笹木の名字にしたのは、平氏の追討を避けるためともいわれています。

 多くの歴史を残す越山地域ですが、古くから続く強い結束は今日も変わることがありません。

■参考資料
『田代町史 本巻』

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る

北秋田の関連情報