本文へスキップ

歴史を知る

小林多喜二の石碑

画像:小林多喜二の石碑


  大館市下川沿の川口地域には、戦前のプロレタリア文学を代表する作家・小説家である小林多喜二の石碑があります。多喜二は、明治36年(1903年)旧下川沿村(現在の大館市下川沿)に生まれ、4歳の時に北海道の小樽市に移住しました。
 
 その後、小樽高等商業学校(現在の小樽商科大学)に進学し、在学時から作品を発表するようになりました。
 当時の労働状況を再現描写した「蟹工船」で一躍脚光を浴びますが、当時、多喜二の作品は社会に悪影響を及ぼすと判断され、警察の反感を買い目を付けられます。
「蟹工船」では不敬罪として逮捕をされました。釈放後も弾圧を受け再逮捕され、警察の拷問により昭和8年(1933年)、29歳の若さで非業の死を遂げました。
 
 世が世であれば、このような悲しい結末を迎えることはなかったでしょう。現代では「蟹工船」をはじめ、多喜二は大きく評価されており、地域の誇れる存在といえます。
2012年5月掲載
 
■参考文献
『小林多喜二伝』倉田聡 論創社 

ページ上部へ戻る

北秋田の関連情報