本文へスキップ

名物に触れる

根子トンネル

画像:根子トンネル

 「ジブリ映画の世界に入ったみたい……。」この感想に多くの人がうなずく「根子トンネル」。隠れ里と呼ばれる根子と国道とを結ぶ道として、1975年に開通。それ以前、集落の出入りといえば、山登りを意味していました。その後、地域住民にはもちろん、名物トンネルとして観光客が訪れるようになりました。トンネル内は一車線、対向車が来ると車避けのスペースで待機。その後、「ありがとう」のクラクションを合図に再度発車するという、なんとも和やかな雰囲気が漂うこのトンネル。こうしている今もきっと誰かが、クラクションを鳴らして発車するところでしょう。

                                 2010年4月掲載

ページ上部へ戻る