本文へスキップ

食を楽しむ

大根の山ブドウ漬け

画像:大根の山ブドウ漬け

 ブドウ栽培が盛んな小坂町鴇(ときと)地域で食べられてきた郷土料理が「大根のブドウ漬け」です。

 この漬物はブドウの香りと、くせのない上品な味わいで、塩とブドウ果汁のみを使用しています。皮を向いた大根を縦に二つに切り、塩漬けしたあと、ブドウ果汁を混ぜ、1週間ほど漬けこむと出来上がります。漬け込むブドウは山ブドウがお薦め。お好みで砂糖や酢を入れてもよし。大根の縁が濃い紫色に染まった食べごろとなります。

 ※大根の山ブドウ漬は、秋田県内の道の駅や直売所などで販売されていることがあります。お見掛かけの際はぜひご購入ください。

平成23(2011)年3月掲載

ページ上部へ戻る