本文へスキップ

歴史を知る

十和田山青龍大権現碑(とわださんせいりゅうだいごんげんひ)

画像:十和田山青龍大権現碑(とわださんせいりゅうだいごんげんひ)

 

 鴇入口バス停の傍らに、十和田山青龍大権現碑(とわださんせいりゅうだいごんげんひ)という白い石碑が立っています。
かつては道路のすぐ近くにあったのですが、現在は道路拡幅で、少々見えにくい場所にあります。

この碑は、十和田湖伝説の一方の主人公である南祖坊が、湖の主であった八郎太郎を追い出し、龍神に姿を変え湖の主として十和田湖に身を沈めたとされる伝承を記録したもので、天保3年(1832)に建立されました。
 
 十和田湖は江戸時代、南祖坊……青龍大権現をご神体とする聖域であり、ここで山伏らが険しい峠道を越えて湖を訪れ、修行に励んだ場所でもあります。
 
 十和田神社のある「休屋」という地名は、修験者や参詣者らの休憩した場所、という意味もあります。

古の修験者や旅人たちが十和田湖を訪れるルートは、大きく二つに分かれます。
ひとつは白沢道(しらさわみち・現在の国道103号線)で大湯の四の岱を入口とするルート、もうひとつは藤原道(ふじわらみち)と呼ばれる、鴇集落を入口とするルートの二つです。そのそれぞれの入口に、十和田山青龍大権現碑が建てられました。これより神域に入る、ということを示す標識でもあったのでしょう。
 
 菅江真澄の「十曲湖」では、文化4年(1807)の旧暦の8月に、真澄が七滝小学校付近から牛馬長根、子坂、鳥越という道順で一泊した翌日、藤原へ降りて七滝を見物、その後現在の樹海ラインを北に進み、外輪山を越えて鉛の鉱山へと至る足どりが記録されています。

十和田山青龍大権現碑が建てられる前の話ですが、この時真澄が通ったのが藤原道で、十和田湖に最もアクセスし易い道であったようです。
2011年3月掲載

ページ上部へ戻る