本文へスキップ

風土を楽しむ

梺・郷ノ目・南元西雪まつり、ゆきとぴあ七曲

画像:梺・郷ノ目・南元西雪まつり、ゆきとぴあ七曲

 昭和39年(1964年)までの七曲峠を越えての嫁入りは、実際馬そりや箱ぞりなどを使っていたそうです。
その様子を祭りとして再現したものが「花嫁道中」です。

 毎年、1月の最終土曜日に開催されるこのお祭りは平成24年(2012年)で27回を数え、今ではテレビ局や新聞社などが毎回取材に来るほど、有名なお祭りとなりました。
西馬音内中心部(羽後町役場庁舎前)から出発した馬そりは、七曲峠をめざしてゆっくりと進み、途中雪まつり広場に立ち寄って花嫁と花婿が祝福を受けます。夕暮れ迫る中、道の両側には雪の中にろうそくが灯され、「キャンドルロード」と呼ばれる、幻想的な光景が出現します。

 ここ、堀回地域でも同じに日に、梺・郷ノ目・南元西雪まつりが開催されます。西蔵寺のすぐ隣、梺郷の目児童館には雪山が作られ、子どもたちが歓声を上げています。地元の方たちが設置したテントでは甘酒をはじめ、軽食を食べることもできます。参道には小さなお堂が雪で作られ、ろうそくの明かりがやさしく照らしています。

 堀回地域の雪まつりは、かつて別の日に行われていましたが、現在は一緒の日に行われています。もちろん、会場には花嫁と花婿が立ち寄り、お堂へとお参りを行います。
子どもたちも花嫁に花束を渡し、地域を挙げての祝福が行われます。

 夕闇迫るころ、花嫁道中一行は七曲峠に差し掛かります。キャンドルロードの灯りは、七曲峠の曲がりくねった沿道4kmにわたって灯され、写真撮影の絶好のポイントとなります。

 特に、カメラマンたちがひしめくのが峠の頂上付近のビッグキャンドル(ここが地球の真中ですの標柱)で、すぐ側では「峠の茶屋」と呼ばれるこの日限定の茶屋が開かれます。ここに、花嫁を迎える花婿側の一団が、到着を今か今かと待ちわびます。

 馬の鼻息も荒く、嫁の乗った馬そりが到着すると、一斉にシャッター音が響きます。そんな中、「花嫁道中」は最高潮を迎えます。
峠のほぼ頂上付近のここで、巨大なキャンドルを模した塔に花嫁と花婿が点火し、そこで道中一行の記念撮影が行われます。

 この後、新郎新婦は結婚式・良縁祈願祭が行われる「旧長谷山邸」を目ざします。

※会場は大変冷えますので、あたたかくしてお越しください。
 

2010年8月掲載

ページ上部へ戻る