本文へスキップ

歴史を知る

若畑の歴史

画像:若畑の歴史

 「若畑」という地名は、現在の山形県を支配していた戦国大名・最上勢による稲庭城攻略の際、ここに陣を置き、旗を立てたものの、時期が早いため「若旗」といったのが起源と言う伝承があります。

 また、ワカハタというのはアイヌ語で「水を汲む」という意味から変化したとも考えられ、付近に多くの湖沼が点在することから、そちらではないかという説もあります。
集落の起源は、小野寺氏の落ち武者が開いたとも、最上の落ち武者が開いたとも言われています。地元の方のお話、墓石の様子からすると、400年ほど前(織豊時代~江戸時代初期)から、このあたりに集落があったと思われます。

いずれにせよ、江戸時代にはすでに集落があったようで、菅江真澄も「高松日記」の中で「若畑」を通り、桜坂を下って板戸にたどり着いた、と記述があります。

かつて、村の家を八軒より増やしてはいけないという掟がありましたが、明治ごろには十八軒まで増え、奥宮小学校の分校も設置されました。現在は分校も閉校となりましたが、合わせて10軒、33人の皆さんが、元気ムラづくりに一丸となって取り組んでいます。
2011年4月掲載
 
■参考資料
『皆瀬村史』
『湯沢・雄勝の地名』斎藤実徳 斎藤実則 仙道良次

ページ上部へ戻る