本文へスキップ

風土を楽しむ

子供たちの行事「道踏み」と「お七日(おなのか)」

 
 戸波地域の天ヶ台(あまがだい)山に位置する戸波神社は、子供たちが主体となって神社の清掃を行ったり、行事を行ったりと、子供との関係が深い神社です。
戸波神社のご本尊は薬師如来様で、古くから人々を病気の苦しみから救うと言われています。
 
 戸波神社で子供が主体の行事が行われるようになった由来は、寛文年間(1661年~1672年)までさかのぼります。山火事により社殿が焼失し、ご本尊の無事が心配されました。しかし、ご本尊にはウラツブや沢ガニ、カジカなどがびっしりと貼り付き、ご本尊を焼失の危険から身を挺して守っていました。その時、ご本尊は仮の厨子(ずし、仏像を安置する入れもの)に移されました。
 元禄年間(1688年~1703年)、仮の厨子から子供たちがご本尊を持ち出し、ご本尊を縄で縛り、水たまりの中で代掻きの真似をして遊んでいるところを、集落の大人が叱りつけました。その後、その大人は長い間高熱に苦しめられます。家族が不思議に思い、神おろし(巫女などに神霊を乗り移らせること)をしてもらい聞いてみると、
「私は子供たちの守り神である。数日前、子供たちとせっかく楽しく遊んでいたのに、その者が子供を叱りつけたので、こらしめのために熱を出させたのだ」
と話しました。早速、お参りに行って謝罪をすると、みるみるうちに熱がひきました。このことから、霊験あらたかな神様であることが分かり、ますます信仰が深くなるとともに氏子が毎年5月5日に行っている本祭のほか、子供たち主体の行事「道踏み」と「お七日」が行われるようになりました。
 
 毎年12月7日に行われる「お七日」の朝、雪が積もった参道を踏みしめて道を作ることを「道踏み」と呼びます。15歳以下の男の子が行い、大将などの役職を決めて行われます。
「お七日」は、戸波神社に祀られている大黒様など20体ほどの神様それぞれに子供たちが付いて「めって(参って)けれ~」と言いながら参拝に来た方々に御神酒を振る舞います。
 昔は、参拝が終わった後に各自で持ってきたお弁当を食べながら一日の反省をし、そのまま戸波神社の薬師堂に泊まりました。
 
 お賽銭はそのまま子供たちのお小遣いになるということで、子供たちはちょっと早めのお年玉に心を躍らせていたことでしょう。
大人が関わらない子供だけの行事ということで、自分たちで物事を決めて行動したり、年長の子供が年少の子供の面倒を見たりと、子供の気持ちが成長していくきっかけにも繋がります。
 当時、お七日に参加した方々は口を揃えて「一生のうちであんなに面白いことはなかった」と話します。
 
 5月5日の本祭は、氏子の皆さんが主体となって行われますが、この日、子供たちがえびす俵を担ぐ姿も見られます。
戸波神社のご本尊、薬師如来様と子供たちの深い関係は、子供たちが関わる行事の多さから知ることができます。
 
 
2013年6月掲載
■参考文献
『増田町史』 

【産地直送ブログ】
横手市・戸波地域に伝わる、子供たちの行事「御七日(おなのか)」をリポート!(2013年12月掲載)

ページ上部へ戻る