本文へスキップ

風土を楽しむ

四ツ屋まつり

画像:四ツ屋まつり

 大仙市・四ツ屋地域では、毎年10月第2日曜日に、四ツ屋地区コミュニティ会議「四ツ屋まつり実行委員会」の主催で「四ツ屋まつり」を開催しています。
 納涼祭などの地域のお祭りが次々と姿を消し、子供を連れて行く行事が無くなってきたことに危機感を持った若者たち、「四ツ屋青年塾」が中心となり、平成22(2010)年から開催しています。まつりの2回目からは、「花輪ねぷた(鹿角市)」と「弘前ねぷた(青森県弘前市)」から作り方を学んだ「花火灯籠」が登場し、四ツ屋まつりのシンボルとして、子供たちが作った「ミニ灯籠」と一緒に、毎年地域内を練り歩くようになりました。
 四ツ屋公民館では、よさこいなどの芸能発表が行われるほか、公民館を利用するサークルが作品展示を行うなど、地域の文化祭のようなお祭りです。
 夜には花火灯籠の背後に花火が打ち上げられる、賑やかで盛大な行事です。


2018年3月31日掲載
 

ページ上部へ戻る