本文へスキップ

歴史を知る

宝泉寺と黒沢城址

画像:宝泉寺と黒沢城址

 半道寺地域の北に位置する小高い山の中腹に「宝泉寺」があります。
 享保17年(1732年)に建築された寄棟造りの本堂は、平成13年12月に大仙市の重要有形文化財に指定されました。境内には「姿見の池」があり、「池の水に映る影があきらかでないと短命」と言い伝えられています。
 
 旧西仙北町の言い伝えをまとめた「町の昔をたずねて」によると、半道寺地域の南東に位置する大野集落に古寺跡があり、そこが宝泉寺の跡だったと伝えられています。その後、西野集落に移転し、さらに江戸時代に現在の地に移転したと言われています。
 
 宝泉寺が位置する山は、戦国時代、角館を拠点に勢力を持っていた戸沢氏の「出城(でじろ)」の一つと言われ、地名から「黒沢城」と呼ばれていました。江戸時代の紀行家・菅江真澄の「月の出羽路」には「黒沢館として古柵、宝泉寺の西にあたりて在り、今泉村よりは此城山を館ノ腰といへり。戸沢上総介光広朝臣の跡なるよし」と記されています。
 
 戸沢氏の出城は黒沢城の他にも生内、大曲、淀川、荒川など、仙北・平鹿地域に合わせて35城ありましたが豊臣秀吉の命によってすべて破却されました。現在の黒沢城址・山頂部には15m×45mほどの主郭が確認されています。
2015年3月31日掲載
 
■参考文献
『町の昔をたずねて』
『西仙北町史 先史~近世編』

ページ上部へ戻る