画像:寺の下集落の獅子舞

 大仙市半道寺地域の寺の下集落で、5月3日、黒澤神社の例大祭が行われます。祭典では寺の下に伝わる獅子舞が奉納されます。

 獅子舞は一時中断していましたが、平成26(2014)年、大仙市の補助を受けて、復活させました。神社で神事を終えた後は、地域内を獅子の一行が練り歩き、集落の春を告げます。

令和3(2021)年3月掲載

【関連リンク】産地直送ブログ
半道寺地域の寺の下集落の獅子舞(2015年掲載)

 

こちらの記事もおすすめです

半道寺自治会の取組

 三世代交流会館を拠点とした交流の場づくり  大仙市の半道寺自治会は、9集落の住民からなる認可地縁団体で、平成25(2013)年に総務省と大仙市の支援を受け、「半道寺地域づくり・人づくり・未来づくり事業」に取り組みまし...

地域活動

地域団体

塞の神「仁王様(におうさま)」

 大仙市の半道寺地域には、集落と集落の間に祀られている石碑がいくつか祀られています。石碑には「塞三柱大神(さえのみはしらのかみ)」と書かれた、郷中の安全をお祈りする木札が供えられています。    「塞三柱大神」は...

歴史

史跡

甘酒さん子と申松塚

 戦国時代、織田信長や豊臣秀吉などの有力大名が天下を統一しようとしていた頃、大仙市の半道寺地域は、角館を中心に勢力を持っていた戸沢氏の支配下にありました。    戸沢家18代当主の戸沢盛安は「鬼九郎」と呼ばれ、領内...

歴史

史跡