本文へスキップ

歴史を知る

福祉部のサロン活動

画像:福祉部のサロン活動

   にかほ市琴浦自治会では、平成16(2004)年からサロン活動を行っています。それまでは地域の琴寿会(きんじゅかい)が活動を行っていましたが、自治会で活動を始めたのをきっかけに福祉部をつくり、現在までサロン活動を主催しています。

 琴浦自治会館を活用した高齢者の居場所の確保を目的に、サロンは月一回(第一日曜日)行われ、福祉部のほか、琴寿会、婦人会、婦人学級が関わり、住民がスタッフとして参加しています。
 
 血圧測定、講師を招いての講演会、輪投げゲームなど、毎回多種多様な催しが行われ、そのほか、日帰りでの旅行や敬老会も行われています。催しを楽しんだ後はスタッフが当番制で料理を作り、参加する皆さんもお漬物などを持ち寄るなど、このサロンを毎回楽しみにしている方も多いです。
 
 サロン活動は「高齢者への敬意を表す活動」と琴浦地域の方が話していました。高齢者を敬い、大切にする気持ちが、サロン活動継続の原動力となっています。
 
平成28(2016)年3月掲載
令和2(2020)年12月更新


【関連リンク】産地直送ブログ
にかほ市琴浦地域で伝統的に続く「サロン」(2020年12月掲載)
琴浦地域で「敬老の集い」が開催されました!(2015年10月掲載)
10年以上続くにかほ市・琴浦地域のサロン事業(2015年9月掲載)

ページ上部へ戻る