本文へスキップ

歴史を知る

日本一の民謡の石碑

画像:日本一の民謡の石碑

 滝地域、滝温泉のすぐ近くにある薬師神社の下には、民謡日本一になった佐々木常雄の石碑があります。

 佐々木常雄は、9人兄弟の中で青春を過ごし、家業であった農業と副業で炭焼きをして生活する中、昭和28年(1953年)5月滝地域にようやく電気が開通します。そこから流れる音楽や娯楽によって世情がだんだん分かり始め、当時人気だったNHKコンクールに刺激され、民謡歌手を目指して研鑽を重ねます。
 
 それからNHKのど自慢や民間放送主催の大会に出場し、県大会で数々の優勝や入賞を繰り返します。昭和33年(1958年)3月NHKしろうとのど自慢全国大会「民謡の部」において曲名「秋田船方節」で優勝、念願の「日本一」を獲得します。
 
 その後は、NHK民謡専属講師を務め、昭和41年(1966年)には秋田市に秋田民舞団「五星会」を結成し、全国コンクールで優勝者5人を輩出させ普及活動にも余念がありません。昭和46年(1971年)、日本コロンビアレコードの専属歌手として活躍し、昭和58年(1983年)には(財)日本民謡会秋田県連合会委員長に就任します。民謡界の至宝、重鎮として歌手、奉仕、普及活動と幅広く活躍しています。
 
 
2012年5月掲載
■参考文献
『大内町史』
 

ページ上部へ戻る

由利の関連情報