本文へスキップ

食を楽しむ

かまぶく

画像:かまぶく

 「かまぶく」はかまぼこのような形をした米粉で作るお菓子です。正式名称は「かまぼこ」ですが、訛りから三種町の上岩川地域では「かまぶく」と呼ばれています。昔からお祭りやお祝い事にはかかせないお菓子です。

 砂糖で味付けしたお餅を“巻きす”を使ってかまぼこ型に整えます。表面には片栗粉をまぶしてあり、さらさらとし、手軽につまんで食べられます。素材そのものの味が際立つよう、甘さは控えめです。食感はずっしりと重く、弾力があり、とても腹もちの良いお菓子です。

 見た目の鮮やかさが特徴的ですが、野菜など天然の素材で着色しています。味のバリエーションも豊富で、「胡麻かまぶく」と「かぼちゃかまぶく」が特にオススメです。

平成22(2010)年4月掲載

ページ上部へ戻る