画像:房住山(ぼうじゅうざん)

房住山(標高409.2m)は、古くから三種町上岩川地域のシンボル、修験者の山としても知られ、登山者にも親しまれてきました。
頂上からは、東方に森吉山と奥羽山脈、西方には大潟村の広大な水田と、日本海を背景に男鹿半島を展望できます。周辺には、三種川源流部の「扇滝」という名所もあります。さらに町営のコテージ村や、休憩施設「ぼうじゅ館」などがあり家族連れでのんびりと楽しむことができます。
トレッキングコースは豊かなブナ林になっており、ブナに混じってそびえ立つ樹齢200年を超える天然秋田杉が圧倒的な存在感を示しています。また、尾根伝いに続く登山道に沿って点在する「三十三観音」の優しい表情に魅せられ、何度も登山する方もいるそうです。
毎年、春と秋には房住山登山のイベントが行われています。初心者でも比較的登りやすい山ですが、ブナなど植生が豊かで、深山の雰囲気を楽しめることから、多くの登山者で賑わいます。
平成22(2010)年4月掲載

こちらの記事もおすすめです

かまぶく

 「かまぶく」はかまぼこのような形をした米粉で作るお菓子です。正式名称は「かまぼこ」ですが、訛りから三種町の上岩川地域では「かまぶく」と呼ばれています。昔からお祭りやお祝い事にはかかせないお菓子です。  砂糖で...

米菓子・餅

上岩川の歴史

 三種町の上岩川(かみいわかわ)地域は、三種川に沿って発達した、15の集落によって構成されています。  三種川の名は、「水甘くして毒なし、是長寿の種なり。山業・農稼滞りなし、是福禄の種なり。辺村昼夜交り遊び、楽の...

歴史

地域の歴史

房住山物語

 1000年以上前の三種町の上岩川(かみいわかわ)地域を舞台にした伝説「房住山物語(ぼうじゅうさんものがたり)」。昔、山の麓に暮らす翁が標高400mの房住山山頂で、人々に伝え聴かせたのが原型と言われています。  物語は...

歴史

地域の歴史