本文へスキップ

歴史を知る

松源院

画像:松源院

 

 
 
 松源院の開山堂には、「武田菱」を飾った位牌が安置されています。祀られているのは武田重左衛門。甲斐武田氏の一門であり、本館城主であり、松源院の開基でもあると伝えられる戦国時代の武将です。
 
武田重左衛門の位牌と伝えられる。武田菱がはっきりとわかる
 
 重左衛門の数奇な生涯は逸話で彩られ、武田家の埋蔵金のありかを知っていたともされています。一説によると、重左衛門が檜山に辿り着いたのは天正11(1583)年のこと。天目山の戦いに敗れての逃亡でした。その後、安東実季に取り立てられて本館城を任されます。慶長10(1605)年8月18日、百姓一揆によって命を落とすまで、北方の抑えとしてこの地を守り、松源院を菩提寺にしていました。
 松源院の歴史は古く、仁寿3(853)年に慈覚大師によって創建されたと云われています。白瀑神社とは起源を同じくする一院でしたが、いつしか分かれ、現在は国道101号線を挟んで向かい合った形が印象的です。
 地震や火災に幾度か見舞われますが、名僧を輩出して発展を遂げました。19世性圓和尚はその一人。『八森由来』を記すなど、学問に優れ、八森小学校の前身となる寺子屋を開設して教師を務めました。山岡鉄舟とも親交を結び、“書”を贈られています。狩野探昇斎の「五百羅漢軸」などが寄進されたのもこの代のこと。
 
 重左衛門は甲斐、鉄舟は江戸から――、激動の時代が巻き起こす人々の行き来を、松源院は海の畔から静かに眺め、記憶しています。
 
 
 
■参考文献
『八森町誌』
『朝霧の斗星たち』 太田實著
2010年4月掲載

ページ上部へ戻る

山本の関連情報