本文へスキップ

歴史を知る

多賀谷氏の歴史と「多賀谷居館跡」

画像:多賀谷氏の歴史と「多賀谷居館跡」

  江戸時代に能代山本地方を治めた「多賀谷氏」の居館跡が、能代市檜山地域に残されています。多賀谷氏は常陸国(茨城県)の生まれで、慶長5年(1600年)の関ケ原合戦後、佐竹義宣が国替えで常陸から秋田に入部した際、義宣の弟で多賀谷氏の養子になった多賀谷宣家(のぶいえ)も秋田に入り、県内各地の城主を務めました。

 始めに仙北市の白岩城主、次に能代市の檜山城主となった後、息子の重隆(※)が由利本荘市の亀田城主となったため、宣家も後見役として一緒に亀田に移り、岩城氏を相続しました。※重隆は大阪夏の陣で討ち死にした真田幸村の娘・お田の方と宣家の間に生まれた子供です。
宣家が亀田に移った後の多賀谷氏は佐竹家一門の戸村隆経が相続し、以後、幕末まで約400年にわたり、多賀谷氏が檜山地域を統治しました。
 
 多賀谷氏居館跡は、現在の檜山崇徳館の裏にある高台に残されています。居館の他、周囲に家臣の屋敷や町屋が配置されました。表門、裏門、土塁、井戸の跡などが確認されており、江戸時代の風景を今に伝える史跡として大事に保存されています。

■参考文献『歴史探訪檜山パンフレット』
2017年3月31日掲載

ページ上部へ戻る

山本の関連情報