本文へスキップ

名物に触れる

約20万羽の渡り鳥が訪れる「小友沼」

画像:約20万羽の渡り鳥が訪れる「小友沼」

 

 能代市・東能代地域にある「小友沼(おともぬま)」は、延宝3年(1675年)に、かんがい用として造られた人工の溜池です。かつて、地元では「おともの堤」と呼ばれ、親しまれていました。
 小友沼には毎年10月頃から3月頃まで、真雁や白鳥など数種類の渡り鳥が飛来し、約20万羽が中継地として訪れます。
 江戸時代の紀行家、菅江真澄が描いた小友沼の絵図が残されていたり、機織り姫の伝説が伝わっていたりと、豊富な自然のほかに歴史の深さも感じられます。
 近年では、毎年、能代市立第5小学校の児童が小友沼を訪れ「小友沼観察会」を開催しており、小友沼は今も昔も人々と鳥たちに愛されています。
 
2017年3月31日掲載
 
◆詳細内容は「産地直送ブログ」からご覧ください。

 

【産地直送ブログ】
 

ページ上部へ戻る