画像:田沢地域の「ゆべし」

  仙北市田沢地域では冠婚葬祭時に口取りとして作られてきた「ゆべし」というお菓子があります。見た目は“かまぼこ”のようですが、「ゆべし」は「恵比寿(えびす)」がなまったものとされていて、おひな祭りに恵比寿様をかたどって作ったのが由来とも言われています。

 「ゆべし」は何種類かの味があり、主な材料は、もち粉、砂糖、水ですが、これに地域の特産“田沢ながいも”やごま、きなこ等を加えて作られています。もち粉が入るので食感はモチモチとしていて歯ごたえがあります。

 秋田県内には、この「ゆべし」と似たようなお菓子が各地域にあり、呼び名もそれぞれ異なるようですが、どれも主材料は自家栽培で保存がきくもの。先人達の知恵で作られてきた田沢地域の「ゆべし」は、時代が変わってもなお、節目の行事に作り続けられています。

 
                            令和3(2021)年9月掲載

【関連リンク】産地直送ブログ
元気ムラの「ハレの日」 料理(4)~仙北市田沢地域の「ゆべし」~(2021年9月掲載)

こちらの記事もおすすめです

むらの喫茶店 たざわ

 平成22(2010)年7月6日、「老若男女問わず、語り合える場」を目指し、旧田沢コミュニティホームを改装して、「むらの喫茶店たざわ」がオープンしました。住民の憩いと集いの場にと、地域運営体荷葉(かよう)が認定されて初...

地域活動

食堂・飲食店

大山荷葉梵天

  仙北市田沢地域の中心部で響くお囃子の音。そして威勢の良い男たちの掛け声。毎年8月17日、大山荷葉梵天(おおやまかようぼんでん)が賑やかに行われます。梵天は、秋田県内で広くみられるもので、太平山三吉神社が特に有名...

伝統行事

茶立ての清水直売所とお花畑

 仙北市田沢地域を通る国道341号線沿い、茶立ての清水向かいの広い駐車場内に「茶立ての清水直売所」があります。  以前は田沢地域に直売所はありませんでした。田沢地域と生保内地域の農家有志で資金を出し合い、旧田沢湖町...

自然・施設

直売所