春や夏になると花でいっぱいに彩られる小神成(こがなり)地域では、9月の稲刈り前に、太田東小学校のグラウンドでグラウンドゴルフ大会が行われます。平成13年(2001年)までは地域の運動会でしたが、翌年からグラウンドゴルフ大会と形を変えて行われています。グラウンドゴルフ大会が行われた後は、田の尻集落の花壇の前で花見会が開かれます。 

 田の尻集落の花壇は、田沢疎水の上に作られた花壇で、ずっとまっすぐに続く細長い花壇となっており、赤、黄、紫などの色とりどりの花々が咲き乱れます。その花壇の前に敷物を敷き、お母さんたちが持ち寄った料理とお酒、そして集落の方々との談笑を楽しみながら、地区の方々が丹精込めて育て上げた花々を愛でます。
 自由参加で行われる花見会にはたくさんの方々が集まります。
 
 集落全体で飲む機会が少なくなってしまった今、集落の方々が集まって楽しむことができるイベントこそが、集落の元気につながっているのでしょう。
 
平成24(2012)年5月掲載

こちらの記事もおすすめです

小神成の歴史~検地と古地図~

  「小神成(こがなり)」地域からすぐ斉内川をはさんで旧中仙町には「大神成(おおかんなり)」地域があります。この2つの地域は、その名前の通り深い関係がありました。大神成から分家していったのが「小神成」なんだ、と地元の方...

歴史

地域の歴史

小神成地域の小正月行事

  2月の中旬、大仙市小神成地域の田ノ尻集落で小正月行事が行われます。  田ノ尻集落の小正月行事は、現在は「雪中田植え」「天筆(てんぴつ)行事」「紙風船上げ」などの行事が一挙に行われています。現在のまつりの元となっ...

伝統行事・イベント

小正月行事

画聖「鈴木空如(くうにょ)」

 世界文化遺産である法隆寺にある「法隆寺金堂壁画模写」で世に知られる鈴木空如は、明治6年(1873年)、現在の大仙市太田町小神成(こがなり)地域で生まれました。一生を清貧に過ごし清廉潔白な人物として有名で、その生き方と...

歴史

地域の偉人