秋田県内の各地で、春と秋のお彼岸に行われる「百万遍念仏」。大きな数珠を数人で持ってジャラジャラと回すのが特徴ですが、ここ鹿角市松館地域では「神式」で行われています。

 元々、秋分を祝うのは、神道や仏教など宗教的な区別ができる、はるか以前からの日本の伝統です。それに仏教が混じり合い、百万遍念仏などの要素が入ったのではないかということでした。松館の百万遍念仏も、お墓参りをして先祖の霊を慰めるのと同じ意味を持ちます。
 
 明治初めの神仏分離の際に、仏教の強い地域、神道の強い地域で「神式」「仏式」に分かれました。松館では「神式」ですが、仏教の「念仏」もあり、神仏混淆の時代を強く感じさせます。
 
 秋の彼岸に入ると、「宿(やど)」と呼ばれるその年の当番の家の方が、一週間集落を回ります。そして、彼岸の最終日「しまい彼岸」の日、この日は皆で集落を回る日です。
 お昼前、続々と地元のおばあちゃんたちが集まり、出発の準備を整えます。その間「宿」の方も直会などの準備を進めます。鐘を叩く人以外は全員女性、賑やかに出発の鐘は叩かれます。
 
 いよいよ出発、集落の十字路や丁字路などで止まり「カーン! カーン!」と甲高い鐘の音を響かせながら、直径数mの数珠を回していきます。途中から、鐘の音に誘われて集落のおばあちゃんたちがドンドン参加してきます。

 センターに近づくと、数珠を持ち切れないほどの人たちが参加していました。子どもたちが数珠を手に取ると、おばあちゃんたちが口々に「運動会ではやぐ走れるようになー」「頭っこいぐなるようになー」と声をかけている姿はとても温かくなれます。

 この後、松館改善センターで神事が行われ、松館地域の彼岸は終わりを迎え、秋がいよいよ深まっていきます。
平成23(2011)年4月掲載

こちらの記事もおすすめです

松館の歴史

 鹿角市松館地域は、その昔、七ヵ村からなる旧曙地区に属し、南部藩花輪代官所の支配下にありました。南部藩(盛岡藩)は現在の岩手県中北部、青森県東部にかけて収め、松館もその支配下にありました。秋田県に属したのは、明治3...

歴史

地域の歴史

奉納神楽「松館天満宮三台山獅子大権現舞」

 -修験者たちの息遣いを今に-  「三台山獅子権現舞」は、鹿角市松館地域の松館天満宮例大祭(4月25日)に奉納される神楽です。起源は、正安二年(1300年)とも治安二年(1022年)ともいわれ、この地に松館天満宮(菅原神社)が...

伝統行事・イベント

郷土芸能

松館天神グラウンド

   毎年、田植えが終わった後に行われる集落運動会の会場「松館天神グラウンド」。  戦国時代よりあったこの台地は、東端(東屋のある峰)のことを「ハサバ長根」と呼んでいたため、「ハサバ長根のグラウンド」、また一帯の地名...

自然・施設

ビューポイント