画像:水芭蕉群落

 春の風物詩「ミズバショウ」の群生地と言えば、仙北市田沢湖の刺巻湿原が有名ですが、秋田市の鵜養(うやしない)地域にも「ミズバショウ」の群生地があります。

 鵜養地域の入口の「塚の台遺跡」手前にある湿地帯を訪れると、集落の皆さんイチオシの風景が姿を現します。4月~5月にかけて白く可憐な姿を水面に反射させ、集落を明るく彩ります。場所は河辺へそ公園から鵜養集落に向かう途中の道路脇(鵜養地域イラストマップ)にあります。※自然の群生地のため、散策道や駐車場はありません。見たい方は長靴の準備を忘れずに。

平成23(2011)年4月掲載
【関連リンク】産地直送ブログ

こちらの記事もおすすめです

岨谷峡(そうやきょう)

 岨谷峡(そうやきょう)は、太平山県立自然公園内、岩見川上流域にある渓谷で、紅葉の名所としてよく知られています。約300mにわたって続く絶壁と渓流、そして緑濃い木々が織りなす渓流美は、新緑から紅葉のシーズンにわたっ...

自然・施設

ビューポイント

石塚みつるさんの原木しいたけ

    スーパーに並ぶシイタケは、効率的、安価であることから、おがくずなどを使った「菌床」での栽培がメインになっています。  しかし、鵜養(うやしない)の石塚みつるさんの作る「原木」シイタケは、一味も二味も違います。「原木...

河辺へそ公園

 「東経140°21’34’’」「北緯39°41’52’’」の場所に位置し、秋田県の「真ん中」として知られる「河辺へそ公園」は、秋田市鵜養(うやしない)地域の景勝地、岨谷峡の近くにあります。  昭和60年(1985年)...

自然・施設

体験施設