鹿角市の甚兵エ川原(じんべえかわら)地域では、昔から「南蛮巻き大根」という漬物が家庭の味として食卓に上ってきました。
「南蛮巻き大根」は、鹿角市特産の漬物「しそ巻き大根」の原点とも言われており、短冊切りにした大根に、しそが巻かれた見た目で、パリパリとした食感と、ふんわりと香るしその風味、南蛮のピリリとした辛さがご飯にとてもよく合う一品です。

 地域の女性たちは、各家庭で「南蛮巻き大根」の漬け方を受け継いでいます。作り方は家庭ごとに異なりますが、主な材料は大根、塩、醤油、赤唐辛子、しその葉など。

 また、南蛮巻き大根をしそで巻かず、しその実と一緒に漬けたものを「ばら」と呼んだり、「ばら」にニンジンを加え、細かく刻んだものを「しその実漬け」と言うなど、様々な食べ方が伝わっています。

平成24(2012)年5月掲載

【関連リンク】産地直送ブログ
月1のお楽しみ♪ 甚兵エ川原のわいわいランチ(2019年掲載)

こちらの記事もおすすめです

いとこ煮

 「いとこ煮」は、小豆などを煮た煮物料理のことで、北陸や山口県の萩市でも有名ですが、鹿角の伝統料理でもあり、ここ鹿角市甚兵エ川原(じんべえかわら)地域でもよく食べられています。  冬至に食べるとその年の冬は風邪をひ...

郷土料理

馬子平(まごだい)

 鹿角市甚兵エ川原(じんべえかわら)地域にある「鹿倉崎(かくらさき)グラウンド」を見下ろすようにそびえる山「馬子平(まごだい)」は、その昔、農耕馬の放牧場として利用され、その後、放牧場を開墾して作った畑にビート(砂糖...

歴史

地域の歴史

鹿倉崎(かくらさき)グラウンド

 鹿角市甚兵エ川原(じんべえかわら)地域の北西、小坂川を越えた場所にあるのが「鹿倉崎(かくらさき)グラウンド」です。 トラックコースが入るほどの広さがあり、敷地内には300mに渡って桜の木が植えられ、毎年4月下旬になる...

自然・施設

体験施設