地域の守り神「鍾馗(しょうき)様」
 
鍾馗様は中国では「厄除け」の神様と言われており、能代市鶴形地域では「守り神」として集落の境目6カ所に祀られています。集落に悪いものが入らないように願う「道祖神」の意味合いを持ち、男女各3人ずつ3組の夫婦になっているのが鶴形地域の特徴です。鶴形地域の駅前(女性)と上部(男性)、中部(女性)と横町(男性)、下坂(女性)と下部(男性)がそれぞれ夫婦となっています。

 鶴形地域の鍾馗様は体長2m程、体は藁で整え、頭部は木の根を角に見立て、勇ましくも恐ろしい形相で大木に祀られています。右手に槍のような物を持った鍾馗様もいれば、腰に木製の刀を差している鍾馗様もおり、昔は年配の女性たちが洋服を鍾馗様に着せていたこともありました。

鍾馗様の風習が始まった時期は不明ですが、今も地域の守り神として鶴形地域の人々に親しまれています。
平成26(2014)年5月掲載
 
■参考文献
『わたしたちの鶴形』(編集:鶴形小中学校教育研究グループ)
『つるがた歳時記』(編集:鶴形地域まちづくり協議会)

こちらの記事もおすすめです

たちこうべ山の物見坂

  能代市鶴形地域の北に位置する「立甲部(たちこうべ)山」。標高60mほどの小高い山で、北は米代川、南に姥壊(うばふところ)川が流れ、山中を羽州街道が通り、地域の皆さんからは「たちこうべ」の呼び名で親しまれています。 ...

自然・施設

歴史

ビューポイント

地域の歴史

鶴形ささら

  「ささら」は、江戸時代、佐竹義宣公が水戸から秋田に転封された際、家来が殿様を慰めるために道中踊ったのが始まりと言われています。その時、能代市の鶴形地域にも伝わったといわれるのが「鶴形ささら」です。 家内安全、五...

伝統行事・イベント

郷土芸能

鶴形金比羅宮

秋田30景「鶴形金比羅宮」   能代市鶴形地域にある金比羅宮は、小規模ながらも見応えのある建物で、秋田三十景に登録されています。地域の中心地から南東にある山中にあり、神社入口前にある池には鮮やかな赤い欄干が架かってい...

歴史

神社・寺